この記事について

今回はNode.jsで作られたクラウドIDE「Cloud9」のインストール方法について説明します。

Githubからインストール

Githubで公開されているのでgitコマンドでインストールします。

gitがインストールされていない方は以下の記事を参考にしてみてください。

Gitのインストール方法

ではgitコマンドでCloud9のリポジトリからクローンします。

untitled

git clone git://github.com/c9/core.git c9sdk

少し時間がかかります。

エラーが出なければOKです。

c9sdkというフォルダが作成されます。

以下のコマンドでそのフォルダまで移動します。

untitled

cd c9sdk

最後にインストールをします。

untitled

scripts/install-sdk.sh

いくつか警告がでてしまうかもしれません。

大半は大丈夫なので、サーバーを起動しましょう。

以下のコマンドで起動できます。

untitled

node server.js -p 8080 -a

そしてhttp://127.0.0.1:8080にアクセスすると、

無事Cloud9が起動しています。

まとめ

ここでは詳しいCloud9の使い方は説明しませんでしたが、近いうちに書く予定です。

ちなみにサーバーのポートを変えたいときは

untitled

node server.js -p xxxx -a

のxxxxの部分を好きな数字にしてください。

無効なポートもあるので気をつけてください。

4桁じゃなくてもいいです。

では快適クラウドIDE生活を!