ルーティング?

ここで少しルーティングに付いて図を用いて説明します。

では/aboutでアクセスされたらabout.balde.phpを表示したいとします。

さらに/または/homeでアクセスされたらhome.blade.phpを表示するとします。

このようにあるURLでアクセスされたらあるviewを表示することをルーティングと言います。

ではルーティングをして見ましょう。

と、その前にwelcome.blade.phpを削除しちゃいましょう。

そしたら、about.blade.php作成しちゃいましょう。

ちゃんとresource/viewsの中に作成してください。とりあえず、以下のような感じにして見ました。

次に、home.blade.phpを作成しましょう。

次に本題のルーティングをしてみましょう。

route/web.phpを開いてください。

そうすると以下のようなコードが記述されています。

そうです。これがルートの定義です。

このRoute::get()の説明をします。

これはgetメソッドでアクセスされた場合のルートです。

第一引数はアクセスされたパスです。

先ほどは/なのでhttp://127.0.0.1:8000/でアクセスされた場合を指します。

第二引数はアクセスされた時の処理です。

先ほどは

のようになっていました。

この関数はview('welcome')を返しています。

このview()関数は第一引数にbladeファイルの頭文字列を渡します。

なので、home.blade.phpならview('home')about.blade.phpならview('about')を返すと表示されます。

普通に文字列を返すことも出来ます。

実際に試してみましょう。

先ほどのコードを以下のようにしてみます。

表示すると

おお、表示されました。

では早速先ほど作ったbladeを表示させてみましょう。

ちゃんと表示されました。

この章のまとめ

さてこの章ではルーティングの基礎を学びました。

次回はルーティングでbladeにmodelを渡してみます。