インストールの前に

Laravel自体はPHPで制作されています。

なので手元のコンピューターにPHPをインストールしてください。

http://jp2.php.net/downloads.php

Laravelのインストール方法について

Laravelのインストールの方法として「comporser」「laravel installer」の2つがあります。

今回はlaravel installerを使ってLaravelをインストールしてみましょう。

Comporserをインストール

Laravel Installerをインストールするためにcomporserをインストールします。

comporserはPHPのパッケージ管理ツールです。

Macならターミナル、Windowsならコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してください。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '544e09ee996cdf60ece3804abc52599c22b1f40f4323403c44d44fdfdd586475ca9813a858088ffbc1f233e9b180f061') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

comporserについて詳しく知りたい方は以下の記事が分かりやすく説明されています。

https://qiita.com/niisan-tokyo/items/8cccec88d45f38171c94

Laravel Installerをインストール

以下のコマンドを実行してLaravel Installerをインストールします。

composer global require "laravel/installer"

しかしこのままでは

~/.composer/vendor/bin/laravel option

と実行しないといけません。

自分のOSにあったパスを通してください。

Laravelプロジェクトを作成しよう

ターミナルかコマンドプロンプトでLaravelプロジェクトを作製したいディレクトリまで移動します。

移動したら以下のコマンドを実行します。

laravel new HelloLaravel

このコマンドはHelloLaravelというLaravelプロジェクトを作成するコマンドです。

書き方は

laravel new プロジェクト名

という感じです。

作成にはかなりの時間が必要です。

Application ready! Build something amazing.

と出てきたら作成完了です。

この章のまとめ

Laravelのプロジェクトを作成するには

Laravel new プロジェクト名